Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« Fuji JAF GP | main | 2014 Super GT »

2014

First of all I wish everyone a Happy New Year 2014! As most of you know, as a racing driver we are not allowed to make comments on our plans for the year before any official announcement. But what I can say is that I will be at the Tokyo Auto Salon from the 10th to 12th of January for a Talk show regarding the March Nismo, as well as the GT-R Nismo. I hope many of you will go there as it is always fun to walk around there especially in the off-season, to look at all the exotic tuning cars in Japan.

I had a full month off after a very eventful year and am now full of energy to tackle the new year. Last year was surely one of the most busy years of my whole career, especially regarding air time. Sometimes it felt like I was living on airports.

Super GT with Yokohama was a tough challenge and we struggled in the beginning. But after the summer break we made big steps forward and were actually very competitive during our race runs by the end of the season. Our qualifying pace needs to be worked on, then top results will follow. The Kondo racing team worked very hard all year, and I like it especially when my boss Kondo san motivates us on the radio. Shouting to us to not give up when we have a bad start of the race really helped to produce some good point finishes!

Another highlight was Le Mans. It was the first time for me in an LMP2 car and without testing it was not an easy task. Nevertheless we brought the car home on the podium in 3rd place together with my teammates Lucas Ordonez and Jann Mardenborough, which is great result. The conditions were very tough with rain stopping and starting at different points on the track, which made it ever so dangerous. The race was over shadowed by the accident of Allan Simonsen, a shocking experience right after the start. This was just another reminder that racing is still very dangerous even though so much is done for the drivers safety. As a driver you cannot think about barriers and run-off areas when you are driving, it is your job to always push 100%. But I certainly do hope that lessons have been learnt from this accident and that we find more soft barriers in the future in Le Mans.

The other highlight for me was the time attack in the GT-R Nismo at the Nordschleife. What a great car the team was able to produce here, nevertheless there are still people out there who believe that the car like seen on youtube will not be sold. But I can assure you that the GT-R version (or update kit) that you can buy later this year, is going to be just like the one we did that crazy time with. Personally it is even difficult for myself to grasp how high corner G`s we were able to pull with normal road tires.

Apart from this work, I attended many Nissan Events in Germany, as well as driving the Nurburgring 24h. I was in Australia for just one day to test in the V8 Altima in Winton. In America I helped working on the Nissan Blade Glider, also a very exciting project. What I didn't do was watching a tennis match live of Kimiko, as there was simply no time to do this. But I was lucky enough that she supported me at some races and events.

Then we had this tragic accident of Michael Schumacher. I really wish him a full recovery, and my thoughts are with him and his family. Watching him drive live was always something special for me. The first time in 1988 in a Formula Ford, he was just on such another planet driving wise, we were all watching in awe. I have never met anyone with so much determination and work ethics like him. At the same time I hardly met anyone with so much peer respect as Michael. I wish more young drivers of today would learn from his approach to racing.

So racing is dangerous, but not only that, life itself is dangerous, but as Michael said often enough, it is destiny when something like this happens, and he never worried about it either. I couldn't agree more.

In that sense, I wish everyone a very Healthy and Safe New Year 2014!

Michael


2014年

まずは、皆さん2014年明けましておめでとうございます!レーシングドライバーとしては、皆さんご存知のように、公の発表を前にしてその年の計画に関する意見を述べることは認められません。僕がいま言うことができることは、GT-R Nismoと同様にMarch Nismoに関するトークショーのために1月10日から12日まで東京オート・サロンに出ているということです。日本ですべての新種のチューニングカーを見に、特にオフシーズン中に見て歩くことがいつも楽しいように、たくさんの方が来場することを望んでます。

多くの年間行事の後、丸一ヶ月お休みをもらい、今は新しい年に取り組むエネルギーでいっぱいです。昨年は特に飛行時間に関しても確実に僕の経歴の中でも忙しい年でした。まるで空港に住んでいるかのようだと錯覚するくらいでした。

YokohamaとのSuper GTはタフなチャレンジで始まりから苦戦しました。しかし、夏休みの後、僕たちは大きなステップアップをし、シーズンの終わりまでにはレース中の競争力が非常に高くなりました。予選ペースはさらに頑張らなければなりませんが、トップの結果はそれについてきてくれるでしょう。Kondoレーシングチームは年間を通じて熱心な仕事をし、ボスである近藤さんがラジオを通して僕たちのモチベーションをキープしてくれたことが良かったです。僕たちが悪いスタートを切ってしまったときに諦めないように激励を飛ばしてくれたのはポイントフィニッシュにも繋がったと思います!

別のハイライトはルマンでした。LMP2は僕には初めてのことで、テストせずに乗るのは簡単な仕事ではありませんでした。しかしながら、チームメイトのルーカス・オルドネスとジャン・マルデンボローと共に3位でポディウムフィニッシュできました。これは素晴らしい結果でした。
天候条件はとても悪く、止んだと思った雨が違うポイントでは降っていたりととても危険でした。スタート直後のアラン・シモンセンの事故によりレースは翳りをみせました。ドライバーの安全性を重視していてもレースは常に非常に危険であるということを改めて知らされました。ドライバーとして、運転中障壁やランオフエリアに関して考えることができないのは100%自分の仕事です。でも、この事故から学んでルマンでもっとソフトな障壁を見つけることを望んでいます。

僕にとっての別のハイライトは、NordschleifeのGT-R Nismoでのタイムアタックでした。チームがそこでプロデュースした素晴らしい車で、youtubeで観たような車は売り物ではないと信じる人がいるでしょう。でも今年後半買うことができるGT-Rバージョン(あるいは最新版キット)が僕たちのその正気でない時間を行ったものにちょうど似ているだろうということを保証することができます。個人的に、ノーマルロードタイヤで引っ張られる速いコーナーでのGはを掌握することは難しいです。

この仕事とは別に、Nurburgringを24h運転することと同様に僕はドイツで多くの日産イベントに出席しました。ウィントンでV8アルティマの中でテストするために、1日だけオーストラリアにも渡りました。アメリカでは、僕は日産ブレード・グライダー、さらに非常に刺激的なプロジェクトに関わりました。僕が行わなかったことは、Kimikoのテニスの試合のライブを観れませんでした、単に時間がありませんでした。しかし、ラッキーなことにレースやイベントで彼女の方は僕をサポートしてくれました。

それから・・ミハエル・シューマッハが悲劇の事故にあいました。僕の思いと祈りは彼と彼の家族と共にあり、彼の全快を心から祈ります。彼がライブで運転するのを見ることは常に僕自身に特別のものでした。最初の1988年、フォーミュラ・フォードで彼は別次元の惑星にいたような感じで、運転は賢明ですべて畏敬の中で見ていました。僕は、彼のような、これほど多くの決定および労働観を持った誰にも会ったことがありません。同時に、僕は同じミハエルとして仲間に尊敬を持った人物はほとんどいません。僕は今の若いドライバーがレーシングへの彼のアプローチから学んでくれることを望んでいます。

したがって、レーシングは危険です。しかし、それだけでなく、生命はそれ自身危険であるが、ミハエルがしばしば言ったように、このようなことが起こる場合、運命で、彼はそれについて心配しませんでした。僕はそれ以上は同意できません。

そういう意味でも、私は皆に非常に健康で安全な新年2014を祈ります!

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/565

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments