Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« Super GT Sepang R3 | main | Super GT Round 4 Sugo »

Le Mans 24H

It was a long trip back just after the Malaysia Super GT Race to Le Mans to be on time for the photo taken at administrations. Then we had a long and tough week in Le Mans. The weather was totally crazy, with rain and sun interchanging constantly. So we suffered through a tough QF session because technical problems lost us the whole session. With rain then hitting and sessions aborted due to accidents, we were not able to do many laps, nevertheless Jann banked in a fast lap in the end of the night which was good enough for P12.

In the race Jann kept his cool and was hanging on to the field, getting faster and faster in lap times. It was wet at the start on slicks and these were really difficult conditions to drive in and Jann mastered this extremely well at his first Le Mans.

I took the wheel in from 2:30 to 6:30 in the morning and it was one of the toughest stints I ever did. There were many safety cars, accidents and intermittent rain. I had several near misses and we were really glad to have it made it not only through the night, but also move up to P3. One of the highlights for me was fighting over P3 for most of the night with my friend Lucas Luhr, where I overtook him first at some restart and him getting me back by the middle of the lap. Unfortunately this battle ended with Lucas suffering from technical problems and being stranded in the pits for a long while.

Unfortunately we were unlucky with the timings of the safety cars hereafter and with 3 safety cars deployed at the same time, one can end up at the wrong end of the cue and positions change quickly. We dropped here to P4 and tried everything to fight back to the podium, but weren't able to. Jann tried with super fast lap times in the last few hours of the race, but the distance was too much to catch up.

Still we are happy to have achieved P4 in the really strong LMP2 class and neither the team nor the drivers made any mistakes. Pitstops at Greaves Motorsport ran smoothly and fast and we had zero technical issues during the whole 24h. Normally something like this would make us win easily, but not with a competitive race like in LMP2 in Le Mans this year.

I enjoyed the whole week very much with my young teammates Lucas and Jann though. No matter how difficult the situations were, it was really enjoyable to race with them in this car and the Nissan engine that I know so well from former Super GT days.

Now its time for some rest after tough 3 weeks...

Michael

ル・マン 24時間

マレーシアでのSuper GTのレースの直後、オフィシャルな写真撮影の時間もありル・マンへと長い旅をしました。そこからル・マンの長くて過酷な週となりました。天候は絶え間なく雨が降ったり晴れたりの繰り返しで、全体的に荒れ模様でした。技術的問題でセッション全体がダメになってしまったので、僕たちは困難なQFセッションに悩まされました。雨で、衝突があり事故によりセッションが終了し、あまり周回を重ねることができず、ジャンがその夜の最後に出した速いラップが12位でした。

レースでジャンは冷静を保ち、サーキットに食らいつき、ラップタイムを徐々に速くしていきました。スタートは滑りやすくウェットでとても難しいコンディションでしたが、ジャンは初のル・マンで非常にうまく攻略していまいた。

僕は朝2:30から6:30までハンドルを握りましたが、それは今までの中で最もタフなスティントの1つでした。多くのセーフティーカーが出動し、事故もあり、断続的に雨も降っていました。幾度かニアミスがありながらも夜を徹してそれをしていただけではなく、3位にまで登りつめて本当に嬉しかったです。僕にとってのハイライトの1つは友達のルーカス・ルアーと夜のほとんどの時間3位の座をめぐって戦っていたことです。最初に彼を追い抜き、そしてラップ中盤で後ろに追いやられました。不運なことにルーカスが技術的問題に苦しみ長い間ピットで立ち止まらなければいけない状況になりこのバトルは終了しました。

不運にも、その後、僕たちは、セーフティーカーのタイミングにはツキがなく、3台のセーフティーカーが同時に出動しましたが、1台は、合い図の間違いで終了し、順位はすぐに変わりました。僕たちはここで4位に後退し、ポディウム圏内へと戻るべく頑張りましたが、それは叶いませんでした。ジャンはレースの最後の数時間最高に速いラップタイムで挑みましたが、距離があり過ぎて追いつけませんでした。

それでも、僕たちは実際強いLMP2クラスで4位を達成することが出来て嬉しいです。そしてチームもドライバーもまったくミスを犯しませんでした。グリーブスモータースポーツのピットストップはとてもスムースで速かったですし、全24時間中技術的な問題はゼロでした。通常、こういった感じであれば簡単に勝たせてもらえるのですが、今年のル・マンのLMP2クラスのような競争力の強い場合には無理でした。

僕は一週間丸々若いチームメイトのルーカスとジャンと一緒に楽しみました。状況がいかに厳しいかにかかわらず、彼らとこの自動車とSuper GTで良く知っているNissanエンジンでのレースは実際に楽しかったです。

今はタフな3週間が終わって、束の間の休息です…

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/538

comments (2)

supporter:Motchan |date:June 28, 2013 5:01 AM

Hajimemashite and Otsukaresama for Le Mans.I am a race fan in Saitama Japan.

I was in Le Mans in the race.Last year also,I remember you in the Nissan Deltawing.I think that it was extremery hard race for drivers this year.No podium but I think that your 4th place in tough LMP2 class on that so hard condition was brilliant.If you enter in next WEC race,I prey more good result for you.

Anyway,Mark Webber said that I'll retire F1GP this year.I think that totemo zannnenn because I think that he can still win the F1 race.I think that... on the other hand,in F1GP,pay drivers increase and the price of F1GP is drops down isn't it.I hope that F1GP is the best motorsport in the world.But now I am interested in WEC than F1.kanashiikeredomo...

supporter:kaz Galtier |date:June 25, 2013 1:04 PM

本当にお疲れ様でした。
GREAVES #42号車の活躍は素晴らしかったです。
夜が開けMichaelのスティントが終わり、Jannに代わってすぐに彼がスピンしたのには驚きましたが、ウォールに当たらなくて本当にラッキーな場面でした。
終盤にかけてのSIGNATECH#26号車とのバトルは、
本当に胃がキリキリする重いでした。
NISSANにとっては、#26号車も重要なマシンですし・・・・
また、ペースカーが多く入り、そのタイミングというのは、運と不運・・・・Michaelもブログに書いていたとうり、今回は少し運が無かったように感じます。


あまり報じられていませんでしたが、個人的には#38号車のLucas Luhrとのバトルは、本当に楽しみにしていました。同じスティントで、2人がバトルする事を見られるかどうかは、まったく分からなかったわけですから・・・。 しかし#38も足回りのトラブルで、スローダウンした時には、ちょっとガッカリでしたね。


残念ながらAMRから参戦のAllan Simonsenが亡くなり衝撃を受けましたが、久しぶりのLe Mansでの死亡事故でした。AMRはPeter DumbreckやJCWが参加していたので、応援していたんですが、本当に残念でなりません。 
Richard WestbrookもCorvetteで参戦しており、Fermer NISSANドライバーが、相変わらずカトップで活躍されているのは、本当に素晴らしいことだと改めて思います。 David BrabhamとEnrique Bernoldiの名前が無かったのは、ちょっと寂しかったですが・・・。

今日はSuper GTのSUZUKAでのテストが行われていますが、Michael自身は参加しているんでしょうか? 相変わらず忙しいシーズンですが、シーズンも中盤に入り、GT500クラスの中で、もうちょっとトップに絡めるといいのですが、現状のYOKOHAMAタイヤでは、ドライコンディションでは難しそうですね・・・。

来年のLe Mansの体制は、私の個人的予想(根拠の無い想像)は、大きく外れてしまいましたが、あのクーペスタイルの「出田 翼」は、今から楽しみでなりません。
それでは、ますますの活躍を期待しております。
Fingers Crossed


post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments