Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« 2016 Program | main | 24h of Nurburgring 2016 »

Nurburgring 24h Qualifying Race

After enjoying my new role as a NISMO ambassador last weekend in Okayama, it was my turn to get behind the wheel this weekend at the Nurburgring. Since last December I haven't driven a race car and I wondered how that would feel. But funny enough once I was inside the cockpit and the door closed, I felt extremely comfortable as if there would have been zero off time. More than that, driving the Nissan GT-R Nismo GT3 car is a big pleasure in the first place, but doing so at the great Nordschleife is just fun pure.


Our target was to either qualify the car in the Top 10 or finish the race in the Top 5. This was because those positions would automatically put us into the Top 30 shootout at the 24h race. So that was an important target. Competition was tough of course and the weather crazy as expected. It was my teammate Alex Buncombe who in the final minutes of Q2 put the car in P10 and our job was done!

In the race we tried to get just lots of laps for us to practice, so we made more stops than actually necessary, but that way all our team is well prepared for the big 24h. We eventually came home in P10. For me it was a bit exciting as I had the honor to take the start and that is always an event there.

Avoiding a first corner collision is something that I am used to actually there, and of course that happened. But running on slicks and having half the track wet was a tough challenge. On top of that it started to hail on different places for short times. I never had that experience in a race car and when I came over a crest with 250 km/h and saw the oil flag out...I was very confused to see a completely white covered circuit. I actually thought it was something like cherry blossoms, but after I drove over it I realized that cherry blossoms should produce more grip! It was outright dangerous for everyone and luckily no heavy accidents happened at that time as everyone was surprised by this weather and took extra care.

Even so, I had the last 2 laps of my stint in almost dry condition and enjoyed being back in a race car very much. We are looking forward to next month 24h race, where we will try and improve on our P9 from last year!

Michael

ニュルブルクリンク24時間レース予選

先週末、岡山にてNISMOアンバサダーとしての新しい役割を楽しんだ後、今週末はニュルブルクリンクで僕が運転する番でした。昨年の12月以降レースカーを運転していないので、どのように感じるか訝しく思っていました。でもとても面白いことにコックピットの中でドアを閉めた
瞬間、オフタイムが皆無だったかのように非常に快適に感じられました。それ以上に、日産GT-R Nismo GT3の車を運転は初めての場所では大きな喜びですが、偉大なNordschleifeでの走行は純粋にただ楽しめます。

僕たちの目標は予選でトップ10に入るかレースでトップ5でフィニッシュするかのどちらかでした。このポジションであれば自動的に24時間レースのトップ30シュートアウトに進出できるからです。だから重要な目標でした。競合車はもちろんタフですし、天候も予想通り大荒れでした。チームメイトのアレックス・バンコムがQ2残り数分のところで10位でクルマを通過させ、僕たちの任務は完了しました!

レースでは実践のために多くの周回を重ねようとし、実際必要以上のストップをしましたが、僕たちのチームは偉大な24時間レースに向けてよい準備をしています。我々は最終的には10位で戻ってきました。僕にとっては、スタートを切る名誉に恵まれ少しエキサイティングでしたし、そこではいつもイベントがつきものです。

最初のコーナーの衝突を回避することは、実際に慣れているものではあるけれど、もちろん起こります。しかし、スリックタイヤで走行しトラックがハーフウェット状態ではタフな挑戦でした。その上で、短時間ですがあちこちで雹が降り始めました。僕は今までレースカーでこんな経験をしたことがなく、時速250キロでクレストに差し掛かり、オイルフラッグが出たのを見たとき…完全に白く覆われたサーキットを見て非常に混乱していました。実際、桜の花みたいだと思いましたが、その上を走行したら、桜がより多くのグリップを生み出すことに気づきました!全レーサーにとって無条件に危険でしたが、誰もがこの天候に驚き余計に注意を払ったことで幸運にもこの時は重度な事故は起こりませんでした。

それでも、僕のスティントの最後2周はほぼドライコンディションでしたし、レースカーに戻ってきたことをとても楽しみました。僕たちは来月の24時間レースに挑戦し昨年の9位から進化を遂げようと楽しみにしています!

マイケル

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/603

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments