Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« SGT R3 Autopolis | main | SGT R4 Sugo »

Nurburgring 24h Race

We worked on the setup more since the VLN R4 and made good progress. I was able to manage P15 which was rather disappointing because I expected to be much closer to the front. The GTR has the potential to run in the top 5 positions, but unfortunately we couldn't extract that time during the Top 30 shoot out.

We focused more on the race setup rather than on a one lap performance. Hence our race car was much better and also very fast. Because of a penalty I had to take the start in P20. When I came in for the first stop we moved up to around P15 already again and all was looking good for us.

We kept around that position and we drove also very smoothly in order to not cause any damage to the car. My 3 teammates all did their first stints and nobody made any mistakes and we were running strong.

I then took over for the first double stint while entering the night. We were able then to make lap times like the leaders and the car felt great. In my second stint it became really dark and the Nordschleife changes completely. Suddenly it is very difficult for the slower cars to judge the distance when we are coming from behind. Hence often slower cars drive in the middle of the track, not able to move away from there. Then naturally accidents happen and add to that the super high speed at pitch dark corners, you find yourself at the real Green Hell, the N24 at night.

Our bad luck started on my lap back into the pits. I had a tire blow out and was very lucky to escape a big impact. There was damage to the car as well, since spinning in 6th gear and flying over curbs and gravel does quite some damage. But I brought the car back to the pits to hand over to Kazuki Hoshino for his night double stint.

Bad luck now really struck us when he came around a blind corner very fast and there was a car standing right in front of him on the track. Unfortunately there was no warning through yellow flags (track marshals are also only human..) and he took avoiding action and hit the wall very hard. The car was damaged so that we had to retire, but we are all happy that Kazuki is fine.

The result is disappointing, but that's is racing, especially at the N24. You need luck as well here. The positives are that the Nissan GTR has great potential to compete at the top and that it looks like we will back again next year!

Michael

ニュルブルクリンク24時間レース

チームはVLN 第4戦より更にセットアップに取り組み、順調に進歩を遂げました。僕は15番手につけてましたが、もっとフロントの近くに行くことを期待していたのでちょっと残念でした。GTRはトップ5で走れるポテンシャルがあるのですが、トップ30予選中にタイムをそこまで持っていくことができませんでした。

僕たちはレースのセットアップではなく1周目のパフォーマンスにより焦点を当てました。結果、レースカーがはるかに良くなり非常に速さもありました。ペナルティのせいで僕は20位からのスタートとなってしましました。僕が最初のピットストップのために戻ったときにはすでに、再びP15あたりまで浮上し、すべては自分たちに良い方に向かっていました。

僕たちは、その順位前後を維持し、車にダメージを引き起こさないよう、非常にスムーズに走行しました。3人のチームメイト全員が最初のスティントを終え、誰もミスせず、力強い走りをしていました。

それから夜間走行に突入し、僕がまず最初の2回目を引き継ぎました。トップ走行のラップタイムのような好タイムを出すことができ、クルマは素晴らしいと感じました。第2スティントでは本当に暗くなり、北コースは完全に変わってました。突然、後ろから来るとき遅いクルマが距離を測るのはとても難しいのです。そのため、たいてい遅いクルマはコースの真ん中を走りそこから移動できないのです。それからごく自然にアクシデントが起こり、それに加え暗いコーナーで超高速でN24の夜は本当のグリーンヘルだと身体で感じます。

不運は僕のラップが終わりピットに戻ってから始まりました。僕はタイヤのパンクを抱えてましたけど、大きな影響を免れたことは非常にラッキーでした。6速でスピンして砂利や縁石に乗り上げかなりのダメージを受けたので、クルマにも損傷は同様にありました。でも僕はピットにクルマを戻し星野一樹選手の夜間第2スティントへと引き継ぎました。

本当の不運は、彼が超高速ブラインドコーナーを曲がってきた時に襲ってきました。彼の真ん前にクルマが立ちはだかっていました。残念なことにイエローフラッグ等の警告もなく(トラックの担当者も人間です..)、避けるべく行動を起こしたのですが、とても強く壁にぶつかりました。クルマはリタイヤを余儀なくされるほどダメージを受けましたが、一樹が大丈夫であるということにみんな満足でした。

結果は残念ですが、レースとはそういうこともあるし、このN24では特に。ここでは運も同様に必要なのです。ポジティブに言えばNissan GTRはトップとも競争できる素晴らしいポテンシャルがあるということ、それはまた来年もここに戻ってくる可能性があるということです!

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/573

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments