Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« Driving on the Edge (DOE V2) | main | Super GT R7 Autopolis »

P3 in Sugo!

After a tough Suzuka race we were finally back in good shape in Sugo. Starting from P5, we could achieve our second podium position of the year. Unfortunately it was not the top spot like in Fuji, but nevertheless a nice result for us. I took the start and immediately realised that our car balance was very good in the race and we had one of the fastest car on that day. But just speed is not everything at this very tight circuit.

With over 40 cars and a very tight track, luck plays a big role there. I could stay in P5 for most of the race, until I got caught up with traffic and lost one position. We were not worried about this, because we knew that the next set of tires for Daiki would be even faster, so we tried to just keep the gap to the top in control.

Then the safety car played in our hands and that allowed us to catch back up with the leaders. When the safety car was released, the pit opened and everyone dived for the pitstop. It was mayhem pure as there is not much space. The Toyota in front of me unfortunately missed his pit position and parked the car in the fast lane, forcing me to come to a complete stop. Everyone behind me also lost so much time because of this obviously. That took our chance away to fight for the win after all.

We came back out in P5 still. Then Daiki was on a mission to try to make up time, lapping faster than the leaders. 4 laps before the end he made a brilliant overtaking move to secure P3 and another podium for us!
So even though we would have loved to fight for the win, we are happy with P3.

Now we need to focus to get a good result at the next race in Autopolis, in order to still have a theoretical chance for the championship. We are only around 20 points behind the leaders...so we will see what happens!

Michael

Sugoは3位!

タフな鈴鹿のレース後、菅生のレースには良い形で戻ることができました。 5位からスタートし、今期2度目の表彰台を達成することができました。残念ながら、富士のようにトップの座ではありませんでしたが、僕たちにとって素晴らしい結果でした。僕がスタートを切ってすぐに車のバランスは非常に良いことが分かり、その日最速の車の一台でした。しかし、この非常に厳しいサーキットでは、スピードはすべてではありません。

40台以上のクルマと非常にタイトなサーキットと、そして運が大きく関わってきます。トラフィックに巻き込まれ、1つポジションを落とすまでは、レースの大部分で5位に留まっていました。ただ、これについて心配していたわけではなく、次のDaiki用のタイヤセットは、さらに高速になることが分かっていたので、私たちはただコントロールしてトップとのギャップを維持しようとしていました。

その後、セーフティカー導入が僕たちの味方となり、トップ集団の背後に付くことができました。セーフティカーがリリースされ、ピットオープンとなり、各車一斉にピットストップに飛び込みました。スペースがなくなり、正に大混乱でした。僕の目の前で、トヨタは残念ながらピットポジションを逃し、ファストレーンに駐車し、僕は強制的に車をストップさせられました。僕の後続車も明らかにこの為に多くの時間を失いました。結果、勝利への戦いのチャンスから僕たちを遠ざけてしまいました。

僕たちはそれでも5位に戻って出ていきました。それから、Daikiは失った時間を補おうと使命に燃え、トップ集団よりも早いラップを刻み始めました。残り4周で、彼は華麗なオーバーテイクをみせ3位に順位を上げ、またもや表彰台を確保しました!
優勝へ向けての戦いを望んでいたものの、3位という結果は嬉しく思っています。

今はまだチャンピオンシップへの理論的可能性のために、オートポリスでの次のレースで良い結果を出すことに集中する必要があります。ポイントリーダーに20ポイント程ビハインドです…何が起こるか楽しみにしています!

マイク

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/598

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments