Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« 2014 Super GT | main | SGT R2 Fuji »

SGT R1 Okayama

It was a tough first round for us this year. We finished only in P12, but there was more to it than just the position. With all cars and engines being new, there were lots of question marks before the race. We all didn't know where we really are until the qualifying session on Saturday afternoon when everyone put their cards on the table. My teammate Daiki was going for Q1 and he needed to put the car into the top 8 in order to advance to Q2.

Daiki did a great lap and missed the Q2 spot by just a few hundreds of a second. It was P10. We had hoped and expected a bit more after winter testing, as we progressed well with Yokohama, but the positive was that we were only 7 tenth of the fastest time in Q1, and that is closer than we were last year in qualifying.

With our race pace usually being strong, we had hoped for a strong race. I took the start and lost 2 places because it was very cold and with all cars on different tires, the initial warm up of the tires differ a lot. Tire warmers are not allowed in SGT. In the chaos of lap one, I got back to our initial P10 soon though. The car felt great and strong and I was sitting with the whole pack, having hopes to move up later in my stint. But once we started to hit the GT300 traffic and I had to go offline to overtake, I picked up some rubber and other debris and suddenly I lost my pace and it got worse from there on.

Then rain hit and we opted like almost everyone to stay out and wait for it to dry out. This rain helped to clean up my tires and after it dried again I was back on the same pace as the top cars. But by that time we were already very far away from a points finish. So it was disappointing, but that is racing and there is nothing we could do about this situation. My teammate Daiki then took over and seemed to have either similar issues or some other car related problems which stopped him from catching up with the field. We don' know the exact reasons yet, as further investigations are necessary in the workshop to find out the real causes.

So in the end we just got home in P12, not very nice for us, but nevertheless we take away positives in that our qualifying pace has improved and that without any trouble or issues we should be competitive in the races. Therefore I look very much forward to the next race in Fuji, with this race being 500km, there will be more options also to react to problems. Our pace at the test in Fuji was encouraging, so we should look strong there.

Michael

SGT 開幕戦 岡山

今期の開幕戦はチームにとってタフな戦いとなりました。僕たちは12位の結果に甘んじましたが、単なる順位以上のものがあったと思います。クルマもエンジンもすべてが新しく、レースの前はクエッションマークだらけでした。土曜日午後の予選セッションが始まり全チームが表舞台に出るまで自分達がいったいどの程度なのか全く分かりませんでした。僕のチームメイトの大樹がQ1を担当しましたが、Q2に進出するためにはトップ8に入る必要がありました。

大樹は素晴らしい周回を重ねましたが、わずか100分の数秒の僅差でQ2進出を逃しました。10番手でした。Yokohamaと開発した冬期テストもあったし、もう少し期待と希望を持っていましたが、前向きに考えるとQ1の最速タイムから7番目という成績ですし、これは昨年の予選より差は縮まっているということです。

僕たちのレースペースは通常強めなので、力強いレースを期待していました。スタートは僕が担当しましたが、気温が低く全車全様といったタイヤを履いていて立ち上がりのウォームアップも違うこともあり2ポジション落としてしまいました。ちなみにタイヤウォーマーはSGTでは許可されていません。1周目の混戦の中、 すぐに元のポジションの10位まで戻しました。クルマの感じは素晴らしいし力強く、自分のスティント中に順位を上げられればよいと考えていました。でも、いったんGT300の集団にはまってしまうとオーバーテイクするのにオフラインに行かなければならず、ラバーや色々な破片を拾ってしまい突如ペースを失いそこからはさらに悪い方向に傾きました。

その後、雨が降り出し、みんな静観し乾くのを待っている感じでした。この雨が僕のタイヤをキレイにしてくれ、再び乾いたときにはトップ集団に引けを取らないペースに戻すことができました。でもその時点でチームはポイント圏内からはかなり離れてしまっていました。だから残念ではありましたが、これがレースというものですし、この状況でできることはやりました。それからはチームメイトの大樹が引き継ぎ、また同じような問題を抱えているかクルマ関連の違う問題が出てきたかコースで戸惑っているように思えました。正確な理由はまだ分かっていませんが、問題を見極めるためワークショップでのさらなる調査が必要なようです。

ということで、最終的にチームは12位。とても良いとは言えませんが、それにも関わらず、予選のペースは向上しているし、
レースで戦う上でのトラブルや問題もなく、ポジティブに考えようと思います。なので、僕は次戦の富士、500kmもあるレースで問題に対処するための色々なオプションがあると思いますが、とても楽しみにしています。富士でテストをしたときのペースは良かったし励みになったので、強い姿勢で行けると思ってます。

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/568

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments