Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« SGT R1 Okayama | main | VLN4 »

SGT R2 Fuji

The weekend started out great with our qualifying performance being better than ever. We made the cut into Q2, which was a big success for us and we were really thrilled about this. Daiki than did an incredible lap to put us to P6 to start the race. I took the start and as it was very hot, we knew it was going to be hard work to bring the car home in the first stint as we had to do 35 laps minimum in order keep our strategy.

Daiki then took over and did a great sting, holding off 3 Toyotas behind him, as we moved up to P3 during the course of his stint. His driving was impressive, especially the way he managed the GT300 Traffic and the way he kept his cool under big pressure. Very unusual for somebody at his first year in GT500.

We then lost out at our last pit stop when I took the car over for the last stint, which meant I was running in P5, which was rather disappointing, but that is racing. I managed to overtake one Toyota to make it to P4, our final position. I had to abort my challenge for P3, which looked likely, but the tires were at its limit and we opted to make it to the finish line rather than risking this great points finish.

We are looking forward to develop the car and tires further and make it to the podium next time. It is clear now that we managed to improve our qualifying performance compared to last year, and we also showed that we can race very competitively at the same time.

Thanks for everybody's support in Fuji, it was a great day for Kondo Racing and we are thankful for all the Nissan flags waved at every corner at every lap!

Michael

スーパーGT 第2戦 富士

週末の予選成績はこれまで以上に優れていて、素晴らしいスタートが切れました。僕たちにとって大きな成果といえるQ2への進出を果たし、本当に興奮しました。Daikiは素晴らしいラップでレースをスタートするに十分な6位という結果でした。スタートは僕が担当、とても暑い日でした。チームの戦略でミニマムの35週で第1スティントを終えてピットに戻すのはかなり難しいことだろうとは分かっていました。

その後Daikiが引き継いで、Toyota勢3台を制し彼のスティントの過程で3位にまで浮上する素晴らしい走りをしました。彼の運転は、特にGT300のトラフィックの対処の仕方と大きなプレッシャーを抱える中での冷静さの保ち方は印象的でした。GT500の初年度に誰もが出来ることではありません。

それからは、最終スティントの僕が引き継いだ最後のピットストップでロスしてしまい5位まで落ちて残念だったけど、それがレースとういものです。僕は何とかToyoyaを1台オーバーテイクし4位までもっていきましたが、それが最終的な順位となりました。出来そうに思えた3位への挑戦を断念せざるを得なかったのはタイヤが限界で、この偉大なるポイントフィニッシュのリスクをとるよりも確実にフィニッシュラインを迎える選択をしました。

今後もより一層クルマとタイヤを開発し、次戦では表彰台に上がれることを楽しみにしています。このチームが昨年と比べて予選成績を向上させることに成功し、同時に、非常に競争力のあるレースをできることが明らかになりました。

富士でのみんなのサポートのおかげで、Kondo Racingにとって素晴らしい一日だったし、Nissanのフラッグをすべてのラップでコーナー毎に振ってくれたことに感謝です!

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/569

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments