Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« SGT R4 Sugo | main | SGT R6 Suzuka 1000K »

SGT R5 Fuji

We had high hopes for Fuji going into the weekend. We were strong there at the previous round and fighting for a podium. And Daiki showed our potential by taking P4 in Q1 with only 2 tenth of a second behind the top car. But it was when I started Q2 with the intention of taking the top spot when our weekend turned for the worst.

The moment we left the pits it started to rain. Unfortunately not properly but just so that the surface was wet. This called for intermediate tires, but we don't really have those and our wet tires only work when it is really wet. But then they are really super fast!

So we had to settle with P8 which was still no problem in Fuji as overtaking is not a problem there. But the typhoon hit us on race day and the weather was just crazy. Either no rain at all and a just damp surface or so much rain from one second to the next that it was simply undriveable.

So what happened to us is that we started on damp conditions which is the worst for us so I dropped to P10, then rain hit hard. I immediately gained ground but after just one lap the Safety car came and the race was red flagged. Rightly so. Basically the same thing repeated itself throughout the race. I kept my head down and tried to drive as good as possible at our pace to the drivers maximum laps before handing the car to Daiki.

We decided to gamble and take slick tires for Daiki, which seemed to work out, he worked his way up and there was a real chance of taking at least a point home. But 8 laps before the finish of the race big rain hit again and the Safety car came out again. We could have taken P11 home, but decided to pit in to change to wets because we were holding up the Championship leading Nissan during the Safety car with the slick tires. So we ended up in P15.

Nevertheless our potential on a dry track is great now and we can't wait for our chance to prove that and put in a good result. We keep our fingers crossed for the Suzuka 1000k race at the end of the month, that we might have a dry race for a change.

Michael


SGT 第5戦 富士

週末の富士に向けてチームは高い望みを持っていました。前回の富士ではとても強く表彰台を狙っていました。DaikiはQ1でトップカーより10分の2秒遅れただけでチームの可能性を見せていました。しかし、トップ集団に追いつこうとQ2をスタートさせたとき、この週末は悪い方向へと転がってしまいました。

ピットから出た途端に雨が降り始めました。不運にも、かなりの雨ではないけど路面は湿っていました。これはインターミディエートタイヤを使うところだけど、チームは所持していなかったし、ウェットタイヤは本当にウェット時用のものでした。でもそれはとても速いのです!

なので8位から順をあげなければならなかったけど、富士ではオーバーテイクは問題ないので、この順位でもまだ大したことではありませんでした。しかし決勝の当日は台風が影響し、天候は目茶苦茶でした。まったく降ってなく湿った路面だったのに、次の瞬間には土砂降りになったりでとてもドライブできる状態ではありませんでした。

なので僕たちがどうなったかというと、湿った路面という最悪のコンディションでスタートをして、10位まで順位を落としてしまいました。それから雨が強まってきました。僕はすぐに地面を捉えたけど、1ラップした後、セーフティカーが出動しレースは赤旗中断となりました。当然ですが。基本的にレース全体で同じことが繰り返されました。僕は冷静を保ち、Daikiにクルマを引き継ぐまでドライバーの最大限のラップペースで運転しようと頑張りました。

僕たちは賭けに出て、Daikiにはスリックタイヤをチョイスしうまくいくように思えたし、うまくやっていて少なくてもポイントを獲るチャンスがありました。でもレースを残すところ8ラップでまたもや大雨に見舞われセーフティカーが再出動しました。チームは11位のところでしたが、スリックタイヤでセーフティカーの導入中Nissanがリードをしていた車列が滞っていたのでウェットタイヤに履き替えるためにピットに入ることにしました。そして結局15位となりました。

しかしながらドライトラックでの僕たちの可能性は今や高くなり、それを証明するチャンスと良い結果になることを待ちきれません。ドライレースになるかもしれない月末のSuzuka1000㎞がうまくいくよう祈っています。

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/577

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments