Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« SGT R5 Fuji | main | SGT R7 Thailand »

SGT R6 Suzuka 1000K

Like for Fuji, we had high expectations for Suzuka, one of my favourite events of the year. The 1.000k race is always a big challenge for the cars, teams and drivers. We qualified in P10, missing the cut off to Q2, which was disappointing since I hoped to fight with the top 3. Even though we did our personal best time around Suzuka and that in hot August, the competition raised the bar even higher and we ended up just about more than a second off Pole.

(C)NISMO

We made some major changes to the car over night and tested this in warm up. We felt more confident for the race as we suddenly could run a good pace. But just a few laps in practice and the real race is a different story. It is impossible to really simulate the race situation.

In the race you go flat out for more than 1 hour. We would love to do this in testing in order to develop the tires, but you would need a complete exclusive test environment to do this, which is not affordable. In normal SGT testing, we have many red flags and the sessions are always interrupted. If you try to simulate a race, when you stop, the tires cool down, and the rubber changes and hardens, making it more strong.

Coming back to the race. We had obviously some tire problems that we had not expected and it was a very tough race for the team and us drivers. The team reacted quickly and decided to try to make it to the end by stopping more often than planned. At the same time hoping for retirements of other cars. That strategy was brutal and tough for the team and us drivers, but it worked as we brought the car home in P9 and at least earned 3 points for that.

Of course it is disappointing, especially when Daiki was running at a good pace in P7 at the beginning of the race and it all looked very good for a top finish with our original strategy.

I'm sorry for all our supporters, and I want to assure everyone that all members are working very very hard to solve our issues and bring improvement to our performance. As one thing is sure and we showed that on Sunday. We definitely do never give up!

Michael

SGT 第6戦 鈴鹿1000km

好きなイベントの一つでもある鈴鹿も富士のときのように高い期待をしていました。1000kmレースはいつもクルマ、チーム、ドライバーにとって大きな挑戦となります。予選は10位でQ2への進出は果たせず、トップ3を狙っていた僕としては残念でした。鈴鹿でこの暑い8月にパーソナルベストタイムを出せたけど他チームは更にハードルを上げて僕たちはトップから1秒ちょっとのタイムという結果でした。

一晩でクルマにいくつかのメジャーチェンジをし、それをウォームアップでテストしました。急に良いペースで走るようになったのでレースに対してももっと自信を感じてきました。でもほんの数周したのと実際のレースは別の話です。実際にレースの状況をシミュレーションすることは不可能なのです。

レースでは1時間以上フラットアウトでいきます。タイヤの開発のためにテストでこれを行うのは大好きですが、でもこれをするには特定のテスト環境が必要となり、難しいのです。通常のSGTテストでは、赤旗もよくありセッションが中断されるのが常です。レースをシミュレーションしようとすると、停止したときにタイヤはクールダウンしゴムは変化してハードになり、もっと硬化するのです。

レースの話にもどります。予期していなかったいくつかのタイヤの問題を抱えてしまい、チームと僕たちドライバーにとってとてもタフなレースとなりました。チームは素早い対応で予定よりも多くストップすることで最後まで持たせようと決めました。それと同時に他車のリタイヤも期待しました。その戦略はチームや僕たちドライバーには残酷かつタフでしたが、でも9位で少なくても3ポイントを稼げたことで功を奏したと言えます。

特にDaikiがレースの序盤で7位と良いペースで走っていて元々の戦略のトップフィニッシュに向けてすべてがうまくいっていたように思えたので、この結果はもちろん期待外れではありました。

サポーターの皆さんには申し訳ないと思っています。すべてのメンバーは問題を解決しパフォーマンスの向上を図る為にとてもとても一生懸命であると皆さんに断言します。一つだけは確かであり、日曜日に示したと思います。僕たちは間違いなく決してあきらめません!

マイケル

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/578

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments