Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« SGT R6 Suzuka 1000K | main | SGT R8 Motegi »

SGT R7 Thailand

It was a long trip to Thailand from Europe, but a trip very much worthwhile as it resulted in my first podium finish with P2 since I joined Kondo Racing and Yokohama. The brand new circuit suited the Nissan GTR's very well and Daiki almost managed to put our car on Pole Position. Yokohama did their homework very well and we definitely had the fastest car out there. But to win a race one needs luck also. Here is what happened..

(C)NISMO

I took the start and settled in behind my long time friend and rival Motoyama. We enjoyed our battle through traffic and we pulled 17 seconds away from the rest of the field after about 25 laps.

At around that time I decided to up the pace and go for an attack. I closed right down to Motoyama and as it was brutally hot in the car I was also speculating on a mistake of his. Of course he didn't make a single one! His speed and race craft is still unchanged. Unfortunately my attack was soon halted by shift trouble and that ended all hopes for us.

I was stuck in 2nd gear for half a lap and dropped down to 4th before the gearbox decided it would function again. That was extremely lucky for us. We immediately made our pitstop and Daiki then drove the race of his life to finish in P2. 2 more laps and we win the race!

We were of course happy to finish on the podium but at the same time when you know you have the fastest car out there, you naturally want to win. Chances like this don't come around every weekend for us.

Nevertheless a successful weekend and I want to thank all our japanese supporters that were cheering us on from Japan. We will try to continue our good form and hopefully have a similar performance in Motegi.

Michael


SGT R7 タイ

ヨローッパからタイまでの長い移動でしたが、Kondo RacingとYokohamaタイヤ
に入ってから2位という初めての表彰台という結果をもたらしてくれてとても価値ある旅となりました。真新しいサーキットはNissan GTR勢にとても良くマッチしていてDaikiはもうちょっとでポールポジションに届きそうでした。Yokohamaはとても頑張って課題をこなしてくれて、タイで明らかに最速のクルマでした。でもレースを制するには運も必要なのです。何が起こったか書きます・・。

僕がスタートを担当し、長年の友人であるライバルのMotoyama選手のすぐ後ろにつけました。渋滞を抜けてバトルを楽しんだ僕たちは25ラップほどになったところで17秒も他車を引き離していました。

その頃、僕はペースを上げアタックをしかけようと決していました。Motoyama選手のすぐ右後ろに付け、車内は酷い暑さだったので彼がミスするのではないかと憶測していました。もちろん、彼は一つのミスも犯しませんでしたが!彼のスピードとレース艇はまだそのままでした。残念ながら僕のアタックはシフトトラブルによってすぐさま終了し、僕たちのすべての希望が閉ざされてしまいました。

僕は周回途中でセカンドギアのままになってしまい、ギアボックスが再機能するまでに4位まで後退してしまいましたが、それはかなりラッキーでした。すぐにピットストップをし、Daikiはその後渾身のドライブで2位でフィニッシュしました。もう2ラップあればレースに勝てたのに!

僕たちはもちろんポディウムフィニッシュで嬉しいけど、同時に最速マシンだとわかっていたのだからやはり当然のごとく勝ちたかったです。このようなチャンスは僕たちには毎週末訪れるわけではないのです。

それでも成功した週末で、日本から応援してくれていた日本のサポーターの皆さんに感謝したいと思います。良いカタチを継続してモテギでも同様のパフォーマンスができるようにしたいです。

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/580

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments