Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« SGT R7 Thailand | main | 2015 »

SGT R8 Motegi

We finished P4 after having technical issues in qualifying and could start the race only from P14. We are a little bit sad to have missed the podium in the last race, but it is still a great result for us. It also proved that the success in Thailand was not just an one-off event, but that we have improved hugely towards the end of the season.

(c)NISMO

Daiki took the start and did a great job moving up the field further and further. As we planned to not change tires, we knew we can make a big jump after the pitstop. I exited just in front of the former Honda that was running in P3 previously. Since my tires were very used we thought that I just had to defend to the end, but it turned out that I was actually able to pull away from him and close down to the 37 Toyota.

When I came close to 4 seconds, suddenly the 19 Toyota dropped back to hold me up. This was a championship protecting move by Toyota, which is fair enough. And even though I finally won that really tough battle, in the process we got both past by the Honda who used the situation of us battling too hard.

When I was finally through, I found myself suddenly under pressure from Motoyama in the last laps. And this was also a tough fight, as Motoyama did not give up until the very last corner. So we came home in P4 and ended up P8 in the championship, a big improvement from last year! Great work by the team and the Yokohama tire engineers!

Also I want to thank all the Nissan supporters for never giving up on us all year, even when we struggled a lot in mid-season. That was very encouraging!

Michael

SGT 第8戦 茂木

予選で技術的な問題が起こり決勝レースは14番手からのスタートとなりましたが、最終的には4位でのフィニッシュとなりました。最終レースで表彰台を逃したのはちょっと悲しいけれど、それでも僕たちには素晴らしい結果だったと思います。タイでの成功が一回限りの出来事ではないと証明され、シーズンの終わりに向けて大きく飛躍しました。

Daikiがスタートを切り、どんどん上り詰めてとても素晴らしい仕事をしてくれました。タイヤ交換をしない作戦だったので、ピットストップ後は大幅に順位をあげるとは分かっていました。3位につけていた前走のHondaの前に出ましたが、タイヤはとても消耗していたので、最後まで守りに入らなければと思っていましたが、彼を引き離し、Toyota 37号車に差を縮められるのではないかと思ってました。

4秒差に迫ったところで、突然Toyota 19号車が後退し妨げになりましたが、これはToyotaがチャンピオンシップを死守しようという動きで、もちろんフェアーなことです。それでもこの本当にタフなバトルをようやく制したところで、その過程でハードなバトルを繰り広げた僕たちの状況を利用したHondaに両車ともパスされました。

最後になって、突如最終ラップでMotoyama選手からのプレッシャーを感じました。Motoyama選手は最後の最後のコーナーまであきらめず、これもまたタフな戦いとなりました。結局僕たちは4位で帰還しチャンピオンシップは8位で終わりを迎えるとことなり、昨年からすると大きな前進でした!チームとYokohamaタイヤのエンジニアの素晴らしい仕事のおかげです!

そして、Nissanサポーターの皆さんが、シーズン半ばで多くの苦難があろうとも僕たちをあきらめずに年間を通じて声援を送ってくれたことに感謝したいと思います。とても励みになりました!

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/582

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments