Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« Super GT 2015 | main | Suzuka 1000k Race »

Super GT Fuji R4

It was a nice comeback for me to the Super GT Championship with victory at Fuji. For a long time I was waiting for that day as I have not won in a long time in this championship. Last year in Thailand we were almost there, but had to settle for 2nd after some trouble hit us. This win in Fuji is very well deserved for the whole Kondo Racing Team and the super hard working Yokohama Tire team.
We qualified in P6 after I made some small mistakes in Q2 in sector 3, so we knew that the car had more speed and were looking forward to a strong result.

I took the start and was able to move up to P5 immediately. I tried to manage the tires and let the front guys pull away. But when traffic came around the first time, timing was not good and I lost more ground to the front and actually got under a lot of pressure from behind.

That forced me to up the pace and push hard, so by the end of my stint I was suddenly catching up with some of the front runners, but the pressure from behind did not want to go away. So Daiki took over the car in P5 and made a great overtake move to go to P4. From then on it was all about making it to the podium somehow. But Daiki didn't stop there, as the other cars started to suffer with grip problems, our Yokohama tires were strong and kept our pace consistent. Daiki pulled of another 3 amazing overtaking moves and put us in the lead with 5 laps remaining.

We were waiting a long time for that victory and it was such a great feeling to have finally achieved this. All the hard work finally paid off.

Hence a big big thank you to the team, Yokohama tires, NISMO and of course Daiki for his perfect drive. But also to all the Nissan supporters that were cheering us to victory every single lap. Thank you guys for always believing that we can pull this off!

See you at Suzuka for the 1.000k race,

Michael

Super GT 富士 第4戦

富士で優勝という僕にとって何とも素晴らしいSuper GT選手権復帰を果たしました。このレースでは長い間優勝してなかったので、この日をどんなに待ちわびたことか。昨年のタイ戦では、もう少しのところだったけど、ちょっとしたトラブルに見舞われて2位に甘んじました。富士でのこの勝利は近藤レーシングチームとスーパーハードな仕事をしたヨコハマタイヤが受けるに価する勝利だったと思います。
予選では僕がQ2のセクター3で小さなミスを犯して6位となりましたが、クルマはスピードがあり、より良い結果を楽しみに期待していました。

スタートは僕が切り、すぐにP5に浮上することができました。タイヤ管理をしながら、全車を引​​き離そうとしました。が、先にトラフィックが来てしまい、タイミングが悪く、さらに前方は余裕がなくなり、後ろからは多くのプレッシャーがかかってきました。

ペースアップとプッシュを余儀なくされ、スティントの最後には前を行くクルマに追いつけたのですが、後ろからのプレッシャーが行かせてはくれませんでした。なので、Daikiにクルマを引き継いだときは5位でした。その後、彼の素晴らしいオーバーテイクで4位に浮上しました。その時から表彰台になんとか上がれるかもという思いでした。でもDaikiはそこでは留まらず、他車がグリップの問題で苦しみ始めたとき、ヨコハマタイヤはとても強く、一貫したペースを保っていました。Daikiは更に3つの驚くべきオーバーテイクを決め、最終5ラップでトップに躍り出ました。

僕たちはみんなこの勝利を長い間待ち焦がれていましたし、遂に成し遂げたという何とも素晴らしい気持ちになりました。今までの全てのハードワークがついに報われました。

それゆえ、チーム、ヨコハマタイヤ、ニスモ、もちろんパーフェクトドライブをしたDaiki
そしてさらに勝利まで一周毎に一生懸命応援してくれたニッサンサポーターの皆さんにも、大大大感謝です。僕たちが成し遂げると信じてくれていたみんな、本当にありがとう!

鈴鹿1.000kレースお会いしましょう。

マイク

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/593

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments