Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« SGT R5 Suzuka 1000K Race | main | Super GT R7 Autopolis P6! »

Super GT R6 Fuji

We qualified in P10 and just missed the Q2 after again a very good lap by my teammate Yasuda. But compared to qualifying, our race pace seemed even better and we were looking for a points finish this time. Yasuda took the start and managed his tires well in the beginning. After a while he started to climb up the order through the field, passing several cars. When he was in P7, after about 20 laps the Safety Car was deployed following a tire blow up of another car.

At the same time it also started to rain lightly and it was a very difficult situation to make the right call in the pits. Unfortunately we missed the pit entry and the chance to make our pit stop and that forced us to stay out long. With all our competition having changed drivers and tires during the Safety car, we knew we were going to lose a lot of time at our stop. Just before we had to stop rain set in and we were looking forward to change to wets from the lead.

As this would have forced everyone to come in, we could have probably retained the lead for my stint. But we weren't that lucky, as the rain stopped soon.

I then went out far behind the field and with fresher tires than the competition I did all I could to catch up. Just about 5 laps to the end I managed to overtake a Toyota in P10 and therefore we were able to take home a point finish after all.

Missing out the opportunity to score many points today hurts certainly, but we can take away lots of positives from this weekend. Our performance was very strong in the race and we seem to be very competitive now. This gives us lots of motivation for the next round in Autopolis, a place where we already showed a good pace during testing.

Michael

Super GT 第6戦 富士

今回もチームメイトの安田選手によるとても良いラップだったけれど、予選は10位でQ2を逃しました。でも予選と比べるとレースペースはいくらか良く思えたし、今回はポイントフィニッシュも楽しみにしていました。安田選手がスタートを切り、最初は巧みにタイヤを扱っていました。次第に数台をパスし順位を上げ始めました。7位まで浮上した時、20周あたりで他車のタイヤバーストが原因でセーフティカーが導入されました。と同時に小雨が降り始めたのですが、ピットに戻すタイミングを計るのにとても難しいシチュエーションとなりました。不運にもピットエントリーとストップをするチャンスを逃し、長くステイアウトすることを強いられました。他のチームはみなセーフティカーの間にドライバーとタイヤを交換していたので、僕たちのピットストップでは時間が沢山かかってしまうだろうことはわかっていました。雨が降り出しストップしなければならない前にウェットに変わることを待ち望んでいました。

これによりみんながピットに入ることを強いられ、おそらく僕のスティントまでリードをキープできるだろうと。でも雨はすぐに止んでしまい、運はありませんでした。

それからはかなり後退してしまいましたが、競争相手より新しいタイヤだったし、追いつこうと努力しました。ラスト5周程を残して10番手を走るToyotaを追い抜こうと頑張り、結局1ポイント獲得で帰ってくることが出来ました。

今日は多くのポイントを獲得するチャンスを逃し、実際胸が痛むけれど、今週末は多くの良かった点を認めることができます。僕たちのパフォーマンスはレースでもとても強く、今やとても競争力があると感じています。このことから、既にテスト中良いペースを出していたオートポリスでの次戦にはかなりモチベーションが上がっています。

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/552

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments