Categories(カテゴリー)

Comments(最近のコメント)

Archives(アーカイブ)

このブログのフィードを取得

Latest News(最新ニュース)

« SGT R2 Fuji | main | SGT R3 Autopolis »

VLN4

It was the first time for me back at the Nordschleife since the GT-R Nismo project and time attack last year. So I was very much looking forward to this weekend in the Nissan GT-R Nismo GT3 car. We were supposed to practice on Friday afternoon and make the shakedown of our brand new car, but unfortunately a big accident happened and the session was stopped very soon.

Also at qualifying on Saturday morning there was a red flag and running was cut short. This lead us of only being able to qualify at P34.

I took the start and learned the car during the first few laps as I have only done a kind of installation lap before I took the start. That was a very difficult undertaking with everyone around at full racing mode and battling around me like mad. I tried to stay clear of all battling and worked my way up lowly until P18 or so. We then had problems at the pit stop and that threw us all the way back the order, not the teams mistakes, but a misunderstanding of the organisers. After me Tetsuya Tanaka drove, then Kazuki and after that Chiyo kun was supposed to do the last stint, but again a red flag ended the race early and Chiyo couldn’t drive at all. We ended up P24 I think.

At least we got some running in the race and know now what we need to change to improve the car’s speed. I am confident that we will bring the car up to the front group for the 24h race next month. I am very much looking forward to that race.

Michael

VLN4

昨年のGT-R Nismoプロジェクトとタイムアタック以来の今季初の北コースでした。なので、Nissan GT-R Nismo GT3での今週末をとても楽しみにしていました。僕たちは金曜の午後に練習をして、新車の調整をする予定でしたが、残念ながら大きなアクシデントがあり、セッションはとても早く中止になってしまいました。土曜の朝の予選でもまた赤旗があり、走行は短縮されました。こうしたことから予選では34位に甘んじました。

僕がスタートを担当し、スタートを切る前にインストールラップのようなものをしたので最初の数周でクルマを習得できました。周りの全車が完全にレースモードで狂ったようにバトルを繰り広げるなかでとても難しい作業でした。僕はあらゆるバトルを避けようと頑張り、ゆっくりと18位くらいまで順位を上げていきました。その後、ピットストップで問題が発生し大きく順位を後退させてしまいましたが、これはチームのミスではなく主催者側の誤解からおこったことでした。僕の後、田中哲也選手が運転し、それから一樹でそのあと千代君が最終スティントを担当する予定でしたが、再び赤旗でレースが早くも終了になり、千代君はまったくハンドルを握れませんでした。僕たちは多分24位あたりでレースを終えたと思います。

それでも少なくてもレースで走ることはできたし、クルマのスピードを向上させるために何を変更すべきかわかりました。来月の24時間レースではフロントグループにクルマを持っていけると確信しています。今はそのレースをとても楽しみにしています。

trackbacks

trackback URL:
http://techniq-group.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/570

post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
(Other comments need to be approved by the site owner. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)

Name
E-Mail Address
URL
Remember personal info?
Comments