タイトル争い:JRM Racing

≪FIA GT1 HPより≫

GT1のシーズンファイナルへ向けて、4チーム・5ドライバーペアにタイトルの可能性がまだあります。
ミハエル・クルムとルーカス・ルアーはドライバー成績では有利な立場です。131ポイントでトップに立っているだけではなく、シーズンでは他のドライバーペアよりも2勝多い3勝を上げており、これは総合点がタイになったときカウントバックで優位になります。
チーム成績では、Young DriverとJRMは一歩前に出ていますが、Nissan勢の方が3-1で勝利を上げています。しかし、HexisとAll-Inkl.comも2勝ずつ上げており、トップ2チームがつまずいた場合、最後のサプライズが飛び出すかも知れません。
注目の英国JRM RacingがPotrero de los Funesでの最終戦でどんな展開になるかポイントの試算をしてみます。
JRM Racing:現ポイント=216;最高ポイント=273.
23号車ミハエル・クルム/ルーカス・ルアー組131ポイント:最高ポイント:164
JRMのドイツ人ペアのミハエル・クルムとルーカス・ルアーはドライバー成績で特等席にいます。彼らがタイトルを手にするには、ステファン・ミュッケ/ダレン・ターナー組が得点できるのが11ポイント以内か、単に引き分けるか、上回るかが必要です。
3ポイントを獲得すると、今シーズンの3つのチャンピオンシップ・レース勝利による走りから他のすべてのドライバーペアをふるい落とすことになります―ですから、23号車が予選で4位かそれ以上でフィニッシュすれば、タイトルはミュッケ/ターナー組との2頭立ての争いになります。
もし、クルム/ルアー組が予選に勝ち、ミュッケ/ターナー組が加点に失敗しても、終わってはいません―JRMペアが19ポイント上になるということは、ミュッケ/ターナーは決勝で優勝し、そして、23号車が7位以下に終わることを期待しないとならないのです。
チームタイトルはもっと僅差です。Young DriverとJRMの差はわずかに8ポイントで、57ポイント獲得のチャンスがあります。どちらのチームもタイトル獲得の無限の組み合わせがありますが、もしJRMはワンツーフィニッシュを決めたら、Young Driverは英国チームがタイトルを獲得するのを止めるすべは何もありません。
更には、JRMが決勝戦でワンツーになるのは、Young Driverチームにはプレッシャーがかかり、もしアストン勢が予選でワンツーを獲っていなかったら尚更です。Young Driverが予選でポイントを逃し、JRMが決勝でワンツーを決めたら、アストン勢が何位でフィニッシュしようとNissan勢がチームタイトルを獲ることになるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私も試算したところ、トップ3に入るのは間違いないようです。
でもやっぱり期待は膨らみます!!
☆ishimori☆

Scroll to Top