クルム:Ordosでのタフな課題

【FIA GT1 オフィシャルホームページから引用しました】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在の選手権リーダーであるミハエル・クルムは中国のOrdosでの次レースの準備に取り組むに先だって、夏休み期間アドレナリンジャンキーなライフスタイルを送ったようです。
前回ポールリカールで勝利を手にしたJRM Racing Nissan GT-Rのドライバーは、フランスと日本の友人や家族を訪れに世界を飛び回るのに休日を費やしました。
「バイクで何人かの友人と共にフランスのアルプスを通って旅行してきました。」と、クルム。 「僕たちは2,800mあるヨーロッパで最も高い舗装道路まで行きました。 その後に、かなり高温多湿な日本で、2週間を過ごしました。今は、トレーニングに入り、中国のレースのために準備しています。」
No.23日産GT-Rを同国人ルーカス・ルアーと共有しているドイツ人は、ポールリカールの勝利で60kgのサクセスバラストをOrdosの馬形のサーキットでハンディキャップを背負います。 「Ordosでは負荷があるので僕たちにとって厳しくなるでしょう。」とクルムは認めています。
クルムとルアーは、現在、マルクス・ヴィンケルホックとマーク・バッセンのAll-Inkl.com Munnich Motorsport Lamborghini組を14ポイントの差でリードしており、選手権はNissan GT-Rと相性の良いコースのサンルイスのシーズンファイナルレースで接戦となることを望んでいます。
クルムいわく:「目標は、選手権がアルゼンチンでの最終レースの前に決着がつくのを阻止しようとしなければならないことです。サンルイスサーキットがGT-Rによく合うので、僕たちがそのときに、まだタイトルをつかみ取ろうとしていれば、言うことないでしょう。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いよいよ終盤戦で、応援にも熱がはいります❣
☆ishimori☆

Scroll to Top